台風台風13号2018の関東上陸時間は?今後の進路予想と影響についてもチェック

台風の通り道でもある日本ですが
台風13号の進路が気になりますね。

管理人もお天気仕事ですので、天意予報はつねに気にしながら
お仕事しています。

さて、強い台風13号は現在、父島の北北東の海上を
時速20キロで北上していて、8日夜から9日朝にかけて
暴風域を伴ったまま関東に接近または上陸する恐れがあります。

警戒時間帯は伊豆諸島で8日未明から、関東は昼前から、
東北は午後からです。

大雨や暴風、高波、高潮などに厳重な警戒が必要です。
早め早めの行動をお願いします。

この記事では、関東上陸の時間帯と進路予想、また交通機関の影響など
最新の情報をお届けしたいと思います。

台風13号関東上陸時間

8日夜遅くから9日午後にかけて、関東や東北太平洋側に
かなり接近し、上陸する見込みです。
関東地方の雨・風のピークは8日(水)の夕方から9日(木)の
明け方にかけてとなりそうです。

台風13号の進路予想

南南東およそ170キロにあり、1時間に15キロの速さで
北北西へ進んでいます。

勢力

台風13号 2018年08月08日21:00現在

中心の気圧は970ヘクトパスカル、
中心付近の最大瞬間風速は50メートル。
台風は今後も強い勢力を維持したまま、
暴風域を伴い北上を続け、台風は速度を上げずに北上するため、
影響が長引きそうですので最新の情報に注意してください。

名称 サンサン(SHANSHAN) 中心気圧 970hPa
大きさ 中心位置 北緯 34度30分
東経 141度20分
強さ 強い
存在地域 勝浦市の南東約120km 中心付近の
最大風速
35m/s
方向・速さ 北に10km/h 最大瞬間風速 50m/s

台風13の号影響

影響関東や東北は長時間、荒れた天気になりそうです。
8日昼までの予想雨量は関東甲信で100ミリ、
9日にかけてはさらに最大で400ミリになっています。

大雨

関東や東北太平洋側には、台風周辺の雨雲がかかっていて、
今後は台風の中心付近の発達した雨雲がかかるため、
東北は9日未明から夜遅くにかけて
1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、関東の沿岸部では
猛烈な雨の降るおそれがあります。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に
厳重な警戒が必要です。
落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要で、
発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、
建物内に移動するなど安全確保に努めるよう心掛けてください。

暴風・高波・高潮

伊豆諸島の海上では非常に強い風が吹いており、
東日本太平洋側と東北太平洋側南部では大しけとなっています。

関東と東北太平洋側では、今後風がさらに強まり、
8日夜遅くから9日夜遅くにかけて暴風となり、
海上を中心に猛烈な風が吹くおそれがあります。

海は9日かけて、猛烈なしけとなる見込みです。

なお、東北太平洋側では、大しけが10日(金)にかけて
続く見込み。船舶や沿岸施設では重大な災害のおそれがあるため、
暴風やうねりを伴った高波に厳重な警戒が必要です。

また、年間で潮位が高い時期となるため、
台風接近時を中心に高潮に警戒に注意が必要です。

台風13号接近、上陸のおそれ 関東沿岸部は猛烈な雨 大雨、暴風、高波に厳重警戒

予想最大瞬間風速と波の高さ

鉄道や空路の交通にも影響

JR東日本千葉支社によりますと、台風の接近に伴い、
内房線特急「さざなみ」、外房線特急「わかしお」、
総武本線特急「しおさい」、久留里線はいずれも運休。

京葉線、内房線、総武本線、成田線、鹿島線は
列車の本数を減らして運転しています。

成田空港の発着便では日本航空、全日空、LCCの国内線で
合わせて40便余りが欠航。

東海汽船は、伊豆諸島へ向かう定期船をすべて欠航に。
東京湾フェリーは始発から欠航を決めています。

まとめ

ことしの台風は、予想のつかない進路をとりますので
常に、最新の情報を注意してください。
早め早めの行動が、身を守るために必要になってきます。
早く台風が去って、みなさんの日常生活が戻ることを
願って止みません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のくまちゃんです。 好き嫌いがハッキリしていて、それが短所でもあり長所でもあります。 小学の頃から運動が大好きで、小中高では野球、サッカー、卓球、体操を経験してきました。 その中で一番誇れるのが、中学二年の時のサッカーの地区予選で逆転勝ちし県大会に出場できたことです。 インターネットを導入して10年以上になりますが、多くの人たちと出会うことで稼げることを知り、将来は自由な時間を手にしたいと思うよになり頑張っています。 私のコンテンツに訪れていただいたみなさんが、少しでも参考に慣ればこんなに嬉しいことはありません。