台風12号の九州への影響は?直撃ピークの時間や九州新幹線・私鉄各線の運行情報も!

先日発生した、台風12号(ジョンダリ)は最大瞬間風速40m/sの大型の台風で
勢力は衰えたものの、西へ進むという異例のルートで、現在も最大瞬間風速35m/s、
半径70mの暴風域を保って近畿、四国、九州方面へ進んでおります。
今後の進路予想によると、29日以降は九州に直撃する見込みです。
九州でも大きな影響を及ぼすことが考えられるので、最新の台風情報を
チェックすることをおすすめします。
この記事では、台風が九州地方を通過する時間帯と、九州地方の交通機関に関する情報を
調べていきます。

台風の進路予想図


台風12号の進路と九州直撃(ピーク)の時間

西日本では30日にかけて1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る予想。
九州北部でも70ミリの非常に激しい雨が局地的に降るとみられ、
29日21時には福岡市付近に達する見込みです。
九州北部の早いところでは、29日明け方に風速15メートル以上の強風域に入り、
昼前から雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとしています。
気象庁では土砂災害や河川の増水・氾濫、暴風などに警戒するよう呼び掛けていますので
最新の情報に注目してください。

警戒が必要な時間帯


出典元:ウェザーニュース

台風12号による九州の交通網(新幹線、私鉄各線、高速道路)への影響はある?

情報が入り次第追記していきます。

【鉄道】九州では明日午後まで影響あり

西日本を中心に、運転見合わせや一部運休などの影響が出ています。
九州では明日の午後にかけて影響が長引く可能性があります。

出典元:ウェザーニュース
▼追記

出典元:ウェザーニュース

高速道路影響予想


出典元:ウェザーニュース
▼追記

出典元:ウェザーニュース

九州の高速道路状況

九州の高速道路状況、最新の渋滞情報については、
NEXCO西日本経由のアイハイウェイサイトもしくは国土交通省のサイト、
Yahoo!道路交通情報にて確認ができます。
アイハイウェイ リアルタイム交通情報
日本道路交通情報センター
Yahoo!道路交通情報(九州)

現在わかっている運休情報

台風12号は29日午前0時現在、三重県鳥羽市の東南東約40キロを
時速約35キロで西北西へ進んでいる。
中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル。
半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。
九州では台風が東から接近すると北風が吹き、
風上となる九州北岸の福岡県や佐賀県北部などで雨雲ができやすくなる。
そのまま九州を横断して東シナ海に抜けると、今度は南西風の吹き返しがあり、
九州西岸を中心に雨が強まる可能性があるという。
29、30両日の九州北部の予想総雨量は多い所で300~400ミリ。
気象台は「進路や雨の降り方の予想が難しい」として、
最新の気象情報に注意するよう呼び掛けている。
30日夜には九州付近で東シナ海に抜けるとみられる。

まとめ

鉄道を使用する場合でも、高速道路を使用する場合でも
早め早めの情報収集をお願いします。
また、高速道路を走る前は携帯電話はテザリングしておき、ハンズフリーで使えるようにしておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です