ショーンコネリー(007)死去の死因は病気?若い頃の画像や現在まで!

スパイ映画「007」シリーズの初代ジェームズ・ボンド役で人気俳優のショーン・コネリーさんが、滞在先の大西洋の島国バハマで死去したと訃報が世界中を駆け巡っています。

007以外にも代表作は多く、いまでも記憶にあるのがアカデミー賞助演男優賞を受賞した映画「アンタッチャブル」ですね。

この記事では、ショーン・コネリーの

  • 死去の死因(原因)は病気?
  • 若い頃の画像や現在の生活まで

について調査しご紹介していきます。

日本のテレビCMにも起用されたショーンコネリーですが、現在の生活も気になるところですね。

ションコネリーの死因の死因(原因)は病気?

現時点で、死因が判明されておりませんがコネリーさんの息子は「しばらくの間、具合が悪かった」と言っているようですね。

1993年にはがんであることを公表しておりますので、年齢が90歳という高齢だったということを考えると年々体調にも不安があったのではないでしょうか。

ションコネリーが若い頃の画像や現在の生活まで

ジェームズ・ボンドファンにとってはやはり、ションコネリーの若い頃の画像がどんなだったか再確認しておきたくなりますよね。

若い頃の画像

若い頃の画像がわかるサイトがありますのでご紹介します。

20世紀シネマパラダイス

こちらのサイトから一部抜粋しておきます。

  • ショーンコネリー16歳

16歳の時にイギリス海軍に入隊時

  • ショーンコネリー23歳

アマチュアのサッカー選手としても活躍し23歳の時に名門マンチェスター・ユナイテッドのマネージャーからスカウトされた経歴を持つ。

※こちらはミスター・ユニバースのコンテスト時の画像。ショーン・コネリー(中央)

晩年期の友人達とのワンショット(2019)

映画デビューしてからの若い頃はとにかくめっちゃかっこよかったんです。

現在の生活

ショーンは1962年に女優のダイアン・シレントと結婚し、息子のジェイソン・コネリー(後に俳優となる)をもうけるが、1973年に離婚、1975年にはフランス人アーティストのMicheline Roquebruneと再婚しています。

ショーンは2011年に引退を表明し、以来ほとんどの時間をバハマにある家で過ごしていたようですね。

もっとも、ニューヨークやスコットランドには度々出かけるようで、38年連れ添った妻とともにニューヨークのメトロポリタン美術館へ訪れることもあったという。

こちらは、ショーン・コネリーが83当時の2画像になります。

どうしても、現役時代よりも大分やせ細り、あごひげを伸ばした表情も老けた印象を受けてしまいますが、すでに療養中の可能性もありますね。

 

出典元:https://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/13792.html

杖をついた87歳のショーンコネリー(引退から12年)

ショーンコネリーの代表作

ショーン・コネリーさんの主な出演映画です。

  • 1962年 007ドクター・ノオ
  • 1963年 007ロシアより愛をこめて
  • 1964年 007ゴールドフィンガー
  • 1965年 007サンダーボール作戦
  • 1967年 007は二度死ぬ
  • 1971年 007ダイヤモンドは永遠に
  • 1983年 ネバーセイ・ネバーアゲイン
  • 1986年 薔薇の名前
  • 1987年 アンタッチャブル
  • 1989年 インディ・ジョーンズ/最後の聖戦
  • 1990年 レッド・オクトーバーを追え!
  • 1993年 ライジング・サン

こちらの画像は、アンタッチャブルで受賞したときの画像です。

出典元:https://this.kiji.is/695377171002393697

まとめ

この記事では、ショーン・コネリー(007)の

  • 死去の死因(原因)は病気?
  • 若い頃の画像や現在の生活まで

について調査しご紹介していきます。

数々のボンド作品を楽しませていただきました。

ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のくまちゃんです。 好き嫌いがハッキリしていて、それが短所でもあり長所でもあります。 小学の頃から運動が大好きで、小中高では野球、サッカー、卓球、体操を経験してきました。 その中で一番誇れるのが、中学二年の時のサッカーの地区予選で逆転勝ちし県大会に出場できたことです。 インターネットを導入して10年以上になりますが、多くの人たちと出会うことで稼げることを知り、将来は自由な時間を手にしたいと思うよになり頑張っています。 私のコンテンツに訪れていただいたみなさんが、少しでも参考に慣ればこんなに嬉しいことはありません。