コロナ給付金 30 万円の対象者【所得制限】や申請方法ともらえる期間は?年金受給者や生活保護者も調査

新型コロナウイルスの感染拡大により収入が減った世帯などへの現金給付額を巡って当初、1世帯あたり20万円で調整していたが、1世帯あたり30万円とし、政府は7日にも現金給付を柱とした緊急経済対策を閣議決定する方向で動きました。

商品券配布の話から一転、現金給付金はいくらにするかの議論もようやく落ち着いたという感じですが、そもそもこんな一大事になんでそんなに時間がかかるんでしょうか。

対応が遅いとかいろいろ言われてますけど、どうしても対象条件を決めるのに時間がかかってしまうんですね。

一定の時間がかかってしまうのは仕方がないのでしょう。

もっと迅速に、対応するべき!と異論を唱えている方もいらっしゃいます。

仮にどちらの政策を取ったとしても、大なり小なり不平不満は無くならないと思います。

これが正解だった、間違いだったの議論は1年2年先のことです。

まずは、国の判断に沿って動くしかないようです。

この記事では、

  • コロナ給付金 30 万円の対象者や申請方法ともらえる期間
  • 年金受給者や生活保護者

について調査していきます。

コロナ給付金 30 万円の対象者や申請方法ともらえる期間は?

対象者

減収後の月収が一定の基準を下回る世帯が対象で、高額所得者への給付は見送るとしています。

※厳密に言えば、住民税非課税世帯と一定の所得制限があり、その所得が半減するくらいの経済的ダメージがある世帯が対象とするいわゆる限定的な現金給付対象ということのようです。

申請方法

給付の方式は、希望者から所得額や減少幅の申請を市町村窓口で受け付ける「自己申告制」とし、給付金は非課税とする。

というもので、

もらえる期間

現在調査中です。

現金給付のポイント

  • 1世帯あたり30万円
  • 一定以上の所得の世帯を除く、減収世帯を対象とし、一律給付は見送り。
  • 申請は自己申告制
  • 給付金は非課税
  • 短期滞在者を除く外国人も含めて検討

減収後の月収が一定の基準を下回る世帯に対象を絞り、高額所得者への給付は見送る。希望する人が市町村に自己申告して受け取る。

あと、いつからいつまでもらえるのかも気になりますね。

年金受給者

現在調査中です。

生活保護者

現在調査中です。

まとめ

この記事では、コロナ給付金の

  • 30 万円の対象者や申請方法ともらえる期間
  • 年金受給者や生活保護者

について調査してきました。

政府は7日にも現金給付を柱とした緊急経済対策を閣議決定する方向でようやく動きましたので、まだわかっていない部分もハッキリすると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のくまちゃんです。 好き嫌いがハッキリしていて、それが短所でもあり長所でもあります。 小学の頃から運動が大好きで、小中高では野球、サッカー、卓球、体操を経験してきました。 その中で一番誇れるのが、中学二年の時のサッカーの地区予選で逆転勝ちし県大会に出場できたことです。 インターネットを導入して10年以上になりますが、多くの人たちと出会うことで稼げることを知り、将来は自由な時間を手にしたいと思うよになり頑張っています。 私のコンテンツに訪れていただいたみなさんが、少しでも参考に慣ればこんなに嬉しいことはありません。