世界陸上2019ドーハの日本代表は?注目選手を国や種目ごとに紹介!

2年に一度開催される世界陸上。

前回大会は、イギリスで開催され人類最速の男ウザイン・ボルトがガトリンに敗れるという波乱も記憶に新しいところですね。

今大会はカタールのドーハというところで行われますが、どんなドラマが待っているんでしょうか。

いまからワクワクして仕方ありません。

この記事では、世界陸上2109ドーハ大会の日本代表選手や注目選手にスポットを当てて行きます。

スポンサーリンク

世界陸上2019ドーハの日本代表選手や注目選手一覧

ここからは、世界陸上2019に出場する日本代表選手をご紹介します。

とは言っても、まだ3ヶ月先の話なのですがとりあえず現段階で決まっている代表選手と代表選手選考会の日程などを掲載しておきます。

日本代表選手の発表スケジュール

  • 2019年7月1日(月)
    第1次日本代表選手発表
    ※ただし、内定条件を満たした選手は、随時日本陸連より発表されます。
  • 2019年9月16日(月)
    第2次日本代表選手発表
    ※第2次発表以降、国際陸連による追加の可能性あり。

世界陸上2019ドーハの日本代表(選手)メンバー

7月1日、日本陸上選手権2019が終了し、世界陸上2019ドーハの一部の日本代表選手が決まりましたのでご紹介していきます。

男子100m・200m

◆サニブラウン・アブデル・ハキーム(男子短距離)

日本人二人目の9秒台を記録しながら、次の大会では日本新記録を叩きだした、若干20歳の日本のホープ。

現在は、アメリカのフロリダ大学に通い学業との両立させ、英語はジョークも言えるレベルまで上達している。

  • 生年月日:1999年03月06日生まれ
  • 所属:フロリダ大学
  • 出身地:東京都
  • 身長/体重:188cm/78kg
  • 出身校:城西中(東京)→城西大学附属城西高校
  • 自己ベスト:100m:9.97( 2019.6 NCAA Division I Championships/USA)
    200m:20.08( 2019.6 NCAA Division I Championships/USA)
  • 主な代表歴:世界選手権(17ロンドン、15北京)
  • 日本記録保持種目:100m

走り高跳び

◆戸辺直人(とべ なおと/日本)

  • 生年月日:1992年(平4)3月31日
  • 出身:千葉・野田市生まれ。
  • 経歴:野田二中で全国中学大会を制す。専大松戸高でも高校総体を優勝し、新潟国体では2メートル23の高校新記録を樹立。世界ジュニア選手権で銅メダル。15年世界選手権は2メートル26で予選落ち。16年リオ五輪、17年世界選手権は出場ならず。194センチ、72キロ。

やり投げ女子

北口榛花(きたぐちはるか)

  • 名前:北口榛花(きたぐち はるか)
  • 生年月日:1998年3月16日(21歳)
  • 出身地:北海道旭川市
  • 身長:179cm
  • 体重:89kg
  • カップ:D・E(推測)
  • 好きな食べもの:アイスクリーム、お肉
  • 陸上種目:やり投げ、砲丸投げ


↓北口榛花の関連記事
北口榛花(やり投げ)の出身地や中学高校は?wikiプロフィール画像や日大の反応も

110障害

高山峻野(たかのしゅんや)

  • 1994年09月03日生まれ
  • 所属ゼンリン
  • 出身地広島
  • 身長/体重182cm/73kg
  • 出身校中広中(広島)→広島工業大学高(広島)
  • 自己ベスト110mH:13.36(2019.6 布勢スプリント)主な代表歴世界選手権(17ロンドン)、アジア大会(18ジャカルタ)


#高山峻野

400障害

安倍孝駿(あべたかとし)

  • 生年月日1991年11月12日生まれ
  • 所属ヤマダ電機
  • 出身地岡山県
  • 身長/体重192cm/81kg
  • 出身校妹尾中(岡山)→玉野光南高(岡山)→中京大学
  • 自己ベスト400mH:48.68(2018.5 静岡国際)
  • 主な代表歴世界選手権(17ロンドン、13モスクワ、11韓国)、アジア大会(18ジャカルタ)

走り幅跳び(男子)

橋岡優輝(はしおかゆうき)

  • 名前 橋岡 優輝(はしおか ゆうき)
  • 生年月日 1999年1月23日
  • 年齢 19歳
  • 出身地 埼玉県
  • 身長 182cm
  • 体重 72kg
  • 血液型 不明
  • 競技 走り幅跳び
  • スポンサー –
  • 所属 日本大学
  • 主な記録(成績) U20世界選手権優勝(2018)

十種競技

右代啓祐(うしろけいすけ)

  • 生年月日:1986年07月24日生まれ
  • 所属:国士舘クラブ
  • 出身地:北海道
  • 身長/体重:196cm/95kg
  • 出身校:大麻東中(北海道)→札幌一高(北海道)→国士舘大学
  • 自己ベスト:十種競技/8308点(2014.5.31-6.1 日本選手権混成)日本記録 、やり投/73.82(2009.10 群馬RC)
  • 主な代表歴:オリンピック(16リオ、12ロンドン)
    世界選手権(17ロンドン、15北京、13モスクワ、11テグ)
    アジア大会(18ジャカルタ、14仁川、10広州)日本記録保持種目十種競技


#右代啓祐

木村文子(きむらあやこ)

  • 1988年06月11日生まれ
  • 所属:エディオン
  •  出身地:広島県
  • 身長/体重168cm/54kg
  • 出身校祇園北高(広島)→横浜国立大学 、自己ベスト100mH:13.03(2013.6 日本選手権)
  • 主な代表歴:オリンピック(12ロンドン)世界選手権(17ロンドン)

#木村文子

木村友香(きむらともか)

  • 木村 友香 (きむら ともか)
  • 種目 5000m
  • 生年・星座 1994年・さそり座
  • 血液型 O型
  • 身長・体重 154cm 43kg
  • 出身地 静岡県
  • 出身校 筑紫女学園高校(福岡県)
  • 入社年 2019年
  • 趣味・嗜好 コーヒー、タイ料理


鍋島莉奈(なべしまりな)

  • 1993年12月16日生まれ
  • 所属:日本郵政グループ
  • 出身地:高知県
  • 身長/体重:160cm/45kg
  • 出身校:須崎中(高知)→山田高(高知)→鹿屋体育大学
  • 自己ベスト:5000m:15:10.91(2018.5 ダイヤモンドリーグUSA)
    10000m:31:28.81 (2018.12 日本実業団陸上競技連合女子長距離記録会)
  • 主な代表歴:世界選手権(17ロンドン)、アジア大会(18ジャカルタ)


以上、現時点での世界陸上2019ドーハの内定者になります。

世界陸上2019ドーハの注目選手

(男子)

◆桐生祥秀(きりゅう よしひで)

日本人で最初の9秒台を叩き出した、日本最速の男。

高校のときには速すぎて手をつけられなかったことから”ジェット気流(桐生)”というあだ名がつけられるほど。

◆山縣亮太(やまがた りょうた)

陸上十種競技 元日本チャンピオンの武井壮のお墨付きの選手が山縣さん。

安定した走りは健在で、日本人3人目の9秒台が出るとすれば、この山縣さんと見ています。

※2019年6月27日〜6月30日の日本陸上競技選手権に出場しないことを決めています。

◆ケンブリッジ飛鳥(けんぶりっじ あすか)

(女子)

◆福島 千里(ふくしま ちさと/日本)

生年月日 1988年6月27日
年齢 30歳
性別 女
身長/体重 166cm/53kg
出生地 北海道
在学校名/最終学歴 北海道帯広南商業高等学校
所属 セイコーホールディングス株式会社

#福島千里

神田菜摘(福岡大・広島)

女子走高跳で、福岡大に通う神田選手は、地元開催で自己新記録となる1m77を1回目で成功し初優勝を決めた。


#神田菜摘

まとめ

この記事では、世界陸上2019ドーハの

  • 日本代表
  • 注目選手を国や種目ごとに紹介!

について調査してきました。

世界にはいろんなすごい選手がいて、応援もしたくなるのですが、まずは日本代表選手に頑張って欲しいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です