台風6号2019の強さや東海や関東の上陸時間は?最新進路と影響も!

台風6号(ナーリー)は、温帯低気圧に変わりました。

毎年、台風の通り道でもある日本ですが、梅雨明け前の台風6号(ナーリー)の進路が気になりますね。

管理人もお天気仕事ですので、天意予報はつねに最新の情報を収集しているんです。

この記事では、東海関東上陸の時間帯と進路予想、また交通機関の影響など最新の情報をお届けしていきます。

台風6号は「ナーリー」

本日熱帯低気圧が台風6号になりました。

南の海上にある熱帯低気圧が、今後24時間以内に台風に発達する見込みです。

これから7月28日、日曜日ごろにかけて東日本太平洋側に接近し、大雨や荒れた天気をもたらす可能性が高くなっていますので、今後の情報に要注意です。

常に最新の情報を入手してください。

台風6号の最新進路予想


出典元:気象庁

この台風6号 (ナーリー)27日から28日頃にかけて東日本太平洋側に接近・上陸するおそれがあり関東直撃の気配です

東日本太平洋側では大雨による土砂災害や河川の増水などに注意・警戒し、強風や高波に注意が必要ですね。

管理人の私も週末の予定はキャンセルしました。

勢力(強さ)

中心気圧は1000ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルとなっています。

台風6号
名称 NARI(ナーリー)
大きさ
強さ
存在地域 潮岬の南約350km
中心位置 北緯30度25分
東経136度35分
進行方向 北北西
速さ 20km/h
中心気圧 1000hPa
最大風速 中心付近で18m/s
最大瞬間風速 25m/s
暴風域
(25m/s以上)
強風域
(15m/s以上)
東側440km
西側220km

東海や関東の上陸時間

台風6号は27日午前3時現在、潮岬付近にあって北に時速25キロで進んでいます。

今後、名古屋、岐阜など東海への上陸時間は、27日午後になる見通しです。

台風6号は北上の後、進路を東よりに変え東日本太平洋側を進む見込みです。

近畿から東日本太平洋側を中心に、大雨による土砂災害や河川の増水などに警戒し、強風や高波に注意が必要です。

また台風は、27日の夜には熱帯低気圧に変わる見込みだということですので、通過地域はもう少しの辛抱になります。

台風6号の影響

大雨

近畿や東海では、局地的に激しい雨が降るところもありますので、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に十分注意が必要です。

関東でも、今後は雨の降る量は増える見込みです。

暴風・高波・高潮

中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25m/sとなっていて、海上は時化やうねりを伴うので船舶は注意が必要です。

鉄道や空路の交通の影響は?

鉄道

新幹線

新幹線は平常通り運転していますので、影響はないようですね。

在来線

JR東海道線(熱海~豊橋)で遅延がでているようです。

この線路をご利用する場合は、運行本数もチェックし早めの行動が必要ですね。

空路

台風6号による運航への影響について
  • ANA
台風6号により、27日に静岡空港・名古屋中部空港を発着する便に運航への影響が懸念されます。
また、台風に伴う航空管制指示のため、遅延となる可能性もございます。

ご利用のお客様はお出かけ前に、最新の運航状況を「発着案内」にてご確認ください。

  • JAL

まとめ

台風6号は、温帯低気圧に変わりました。

隅田川花火大会も開催されることになり、良かったですね。

今年の台風6号は、東海、近畿、関東と、特に大きな被害もなく温帯低気圧に変わりました。

これから、秋にかけて発生する台風にも注意が必要になります。

最新の情報に注意しておくことが重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です