台風9月の発生数と日本上陸は何回?過去の最大と平均も徹底調査

今年も、早くから台風の影響で日本各地で被害がでましたね。

なかでも、大坂で甚大な被害をだした台風21号が記憶に新しいですが

9月に入って、22号の日本上陸の心配は消えましたが

また、23号のたまごも発生するのは間違いないでしょう。

さて、年間で一番台風の発生数が多いとされるのは8月と9月ですが

この記事では、2018年9月の発生数の平均と最大発生数、

上陸した数も含めて調査してみましたので、

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

2001年以降9月の台風発生数

  • 2011年から2017年までの9月の発生数は38個。


出典元:気象庁

  • 2001年から2010年までの発生数は43個。


出典元:気象庁

2001年以降の9月の台風発生数の平均

上記の表からもわかるように

2001年以降で9月に発生した台風の数は81個です。

81÷17(年間)=4.76

で、約5個とします。

つまり2001年以降の9月に発生した台風は平均5個ということになります。

また、これまでの17年間で最低でも3個は発生していますので、

少なくとも、この9月も1個以上は発生すると考えられますし

すでに、23号が生れそうですので3個は間違いなさそうです。

2001年以降の最大発生数

  • 2009年7本
  • 2011年7本
  • 2013年7本
  • 2016年7本

と過去10年以内で7個発生しているのが4回もあり

確率で考えたら25%です。

この9月も同じ7個の発生も考えられますが

2018は、発生平均の5個以内で収まってほしいですね。

過去の平均から予測する発生数

2001年以降で、9月の台風の発生数は、平均値から約5個ということがわかりました。

では、あと何個発生するだろうかというところが気になるところですが

平均で考えると、今後発生するだろう23号を入れて、

あと3個は発生すると考えられますので

気持ちの上でももちろん、備えはしておいて損はないと思います。

ただ、すべてが上陸するというわけではありませんので

最新の台風情報を、つねに確認しておく必要があります。

台風の上陸数は一個未満

2017年までの確定値と2018年の速報値

2018年の台風の上陸数(2018年9月5日現在)

2017年までの台風の上陸数

2001年から2017年までの上陸数は16本なので

9月に上陸する個数は一個に満たない数になります。

まとめ

。2001年以降の台風発生数は81本

・2001年以降の9月の平均発生数は約5本

・2001年以降の最大発生数は7本

・過去の平均から予測する発生数は5本

・台風の上陸数は一個未満

※発生したすべての台風が上陸するわけではありません。

常に最新の情報を確認して、台風に備えてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です