「家計簿アプリ」で今すぐ節約。5つのメリットをご紹介!

家計簿をつけて5年になる管理人のくまちゃんです。

初めのころは、ノートに付けていましたが家計簿アプリが現れてから

お金の収支収支を勝手に計算してくれるので続けて使っています。。

家計簿をつける目的とは、やはり家のお金の支出を把握しておくことで

無駄な支出を無くしお金を残すというところが一番重要なのではないでしょうか。

そこで、家計簿で挫折しないコツをお伝えしていきますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

なぜ家計簿が続かないのか最大のポイント

ここが最大のポイントで、お財布の手持ちの現金と口座残高の収支を

きっちり合わせようとすると苦しくなってきます。

会社の経理のような、そこまでシビアにならなくてもいいわけです。

「家計簿は、常にお金の状態を”正確に”記録しなくちゃいけない!!」と

思いこみ過ぎると苦しくなります。。

まずは自分の継続できるレベルを知ることが大事です。

また、 レシートには日付が入っているので、あっまた忘れたとか、

さぼってしまったとしても全然大丈夫ですし、週末やお休みの日とか決めて

まとめてつけても問題ありませんしね。

家計簿をつけることの5つのメリット

  1. 買い物の仕方を見直すことにつながる
  2. お金の出入り(収支)がわかる
  3. ムダな支出が無くなる
  4. 金銭感覚が身につく
  5. お金が残るようになる

ここで、5つのメリットについて少しつっこみたいと思います。

1.買い物の仕方を見直す

生活していくうえで、必ず必要なのがまず食費ですね。

ちょっと考えてみて、いま現在の買い物の仕方が、ひょっとして

どんぶり勘定的な買い物をしているんじゃないかなとか

ぜかお財布のお金が減っていくなーとアタマをよぎったら黄色信号です。

あくまで、個人の実感に依るものですが、毎月の支出の合計がとんとんまたは赤字なら

改善の余地ありなのでこれからが楽しみです。

2.お金の出入り(収支)がわかる

お金の収支は重要です。

毎月赤字なら会社は倒産します。

ですから、なんとしても黒字に転じなければならないのです。

会社は経理で持っている!という話がでるくらい

お金の管理って重要です。

3.ムダな支出が無くなる

これは、はっきりと実感すると思います。

どこになんのお金を使っているか見えるわけですから

無駄なものにお金は使いたくはありませんので支出を抑えることにつながります。

そこから、お金を残すことが楽しくなっていきます。

現在の支出が過去になってそれを振り返ってみたときに実感します。

昨年の月間や年間の集計、あるいはもっと前の集計を

現在の月間収支などと比較できるので、ムダ使いがひとめでわかります。

4.金銭感覚が身につく

いくらの収入があって、そしてそれに対してどうお金を使っているかこれが金銭感覚です。

まずは、絶対必要な家賃や光熱費と言った固定費を入から差し引いてみる事で、

月々使える金額というのが把握できます。

あとは、それをどのように割り振るかということを考えればいいわけです。

それを繰り返していくうちに、自分に合った適切な金銭感覚を身につけることができます。

金銭感覚を身につけるためには、まずは自分自身の収入と支出に

向き合うようにすることが重要です。

5.お金が残るようになる

よしっ今日から500円貯金を始めるぞ!って意気込んだはいいけど何日持ちましたか。

よく三日坊主という言葉は聞きますけど、ダイエットでもそうですがなかなか難しいですよね。

でも、一か月続くと継続率は格段に上がりますのでお金が残る可能性は大幅にアップします。

家計簿アプリで、それが可能になります。

お金が減らないってわくわくしてきませんか。

このわくわく感を継続することがお金が残ることにつながる最大のエネルギーなのです。

補足

※2つの通帳!

節約はもちろんですが,わが家では妻がお金の管理をしやすくするため

2つの通帳を使い分けていました。

「貯金用」と「支払い専用」の通帳にわけることができれば

貯金用の通帳は普段手をつけずに残高が自然に確実に増えて行きます。

スポンサーリンク

まとめ

  • 挫折しないで家計簿を続けるコツは家計簿アプリを使うこと。

検索でiPhoneやアンドロイドで家計簿アプリをDLしてください。

スマホで家計簿管理をするのが一番早くて長続きします。

現在のアプリは、レシートをカメラで読み込めば入力してくれるので、

信じられないくらい便利になりました。

まずは、自分のお給料を入力するところからスタートしてください。

  • くまちゃんお使いの無料アプリ

家計簿アプリ:「オカネレコ」

おわりに

今回は、以上に成ります。

過去の年間収支を振り返ってみると、これだけのお金使っていたんだとか、

趣味にこんなに使っていたんだとか感慨深いものが見えてきます。

要は「実感を伴った金額」が見えてくるんですよね。

私は、まだ会社員ですので社会保険は天引きされていますが

10年間の社会保険なども算出してみると、ととんでもない金額にマジ腹が立ちますよ。

ま、それは仕方ないことですが、貯金が貯まって生活の質も上がっていければいいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です