【2019】六義園のお花見 穴場スポットは?混雑状況と場所取り時間のおすすめも!

2019年もいよいよ花見の季節がやってきましたね。

先日のニュースで、今年の桜の開花は西日本では例年並かやや遅く、東日本では例年並という発表がありました。

出典元:ウェザーニュース

今年の、お花見はどこにしようか、たまには夜桜行く?なんて会話が聞こえてきそうですが、やっぱ行くならソメイヨシノや、さまざまな桜の種類を楽しませてくれるスポットが良いですよね。

 

そんな、お花見のスポットと言えば、国の特別名勝に指定されている六義園

 

六義園は、東京でもとても有名な桜の名所なので今年も楽しみですね。

この記事では、六義園の混雑状況、場所取りの時間帯やお花見穴場スポットをご紹介していきます。

スポンサーリンク

六義園の桜

出典元:公益財団法人東京都公園協会

2019年六義園のお花見の混雑状況は

サイト管理人のお膝元であるお花見スポットと言えば、何と言っても弘前公園や合浦公園で、小さい頃は毎年行きましたよ〜。

でも、関東には素晴らしいスポットがたくさんあるんですよね。

特に東京の連日お花見スポットは大盛況で込み合いますから、事前に混雑状況などは把握しておくのがベストです!!

当サイトでは独自に調査を行い、実際に名所へ行った方から、混雑状況についての声をお届けして行きますので、ぜひ計画にお役立てくださいね!

口コミ
3月21日(水)の祝日にお花見をしました。天気は晴れで、夜7時頃に行きましたが、入場規制がかかるほど混んでいました。

口コミ
日曜日15時頃に行きました。すでに混雑しており、入り口の前からかなりの大行列でした。結果入るまでに2時間かかると言われ中に入るのを諦めて、外から見える桜を楽しみました。

口コミをまとめると、祝日や日曜日は混雑しているとの情報がありました。

2019年六義園のお花見の場所取り時間は何時からがおすすめ?

お花見の場所取りは、とても大事です。

タイミングが遅れるとすでにそこら辺一体がブルーシートで埋もれている!なんてこともありえますよね。

幹事さんは、いろいろ大変ですが、こちらの口コミが参考になれば良いですね。

口コミ
園ですので、場所取りは禁止されていました。立ち止まって見ることはできますが、シートを引いて飲食することはできません。
口コミ
空いているのは午前中朝早い時間なので、開園とともに行くのが一番いいと思います。可能なら土日は避けた方が無難です。夜もライトアップなどあるので混雑します。

2019年六義園(以外も)のお花見の穴場スポットは?

実は、意外と穴場って隠れていて、人混みを避けられたりするんですよね。

あと飲み物は、もちろん私は持参なんですが、おつまみなど露天で食べるのがおいしいんですよね。

こちらでも、実際にお花見をしてきた人の声を見てみましょう!

口コミ
全体的に混んでいましたが、桜の木が生えていない庭園の方は、やや空いていました。見事な日本庭園の中を散歩でき、風流でした。
口コミ
目黒川沿いは平日の17半頃は意外と空いています。橋の上以外は立ち止まって見ている人も少ないので、歩きながらサクッと見るには良いです。

まとめ

今回は、六義園のお花見について、

  • 混雑状況
  • 場所取りの時間帯
  • 穴場スポット

ご紹介しました。生の声を集めていますので実際に行くときの参考になると思います!!

特に、六義園は、日曜祝日は夜の時間帯も混雑するという情報があったので覚えておきましょう。

3月はまだ夕方は肌寒くなりますので、一枚多く上着を準備するといいですね。

天気予報はチェックしてお出かけしましょうね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です