安上がりなおにぎりはどっち?自炊とコンビニのコストを徹底調査!

仕事に持っていくお弁当が間に合わない時は、必ずおにぎりを作って行く

管理人のくまちゃんです。

コンビニのおにぎりも、たまにはおいしいなと思う時もあったんですが、

あるときふと、自炊おにぎりとコンビニおにぎりとどっちが安くすむんだろう?と思い、

今ではもっぱら自炊おにぎりにしています。

昼食で毎日のようにおにぎりを食べている方に、自炊した場合とコンビニで買った場合とでは

どれくらいコストの節約になるかを知ってほしいと思い、この記事を書くことにしました。

自炊しよう!と思える内容だったら、是非ご自身でもやってみてください。

スポンサーリンク

サラリーマンの昼食代は1ヶ月約12000円

古い公開値でいうと1979年は1日565円。

バブル景気時代に遡ると1992年の746円を頂点としてから2005年以降は下落。

ここ最近の2015年では久々に600円を超えていますが、サラリーマンの昼食代事情は

いたって厳しいとされています。

自炊おにぎりとコンビニおにぎりとのコストを比較

コンビニおにぎりの原価は?

一個100円程度のもので原価は3円〜5円だそうです。

では、お昼をコンビニで済ませるとして、おにぎり3個を買ったとします。

1日あたりは、300円~500円。

25日間買うと7500円~12500円かかります。

また、コンビニのおにぎりの場合はおにぎり1個につき100g前後と言われています。

お茶碗に換算すると1杯分無いぐらいですね。

自炊おにぎり1個を作るコスト

自炊でおにぎり一個(茶碗1杯分)作るのにかかるコストは約30円だそうです。

おにぎり3個を作ると一食180円。

おにぎり3個を25日間作るコストは4500円になります。

自炊おにぎりは節約になっている!

予算¥600の中でおにぎり3個を買い、差額でおかずを買うとします。

お惣菜(100円)買ってサラダ(100円)買って、即席味噌汁(100円)買って、、、

消費税(8%)を計算すると大体600円です。

おにぎりだけを作ってお弁当に持っていくとします。

かかるコストは180円です。

予算600円の差額で、惣菜(100円)買って、サラダ(100円)買って、

即席味噌汁(100円)買っても予算内で収まりますね。

1日、大体100円くらいの節約になりそうです。

自炊おにぎりだけでも十分節約になりますし、増しておかずを作るとなると

もっと節約になるというわけですね。

つまり自炊おにぎりを持参することで節約につながります。

自炊おにぎりの1か月(25日計算)の消費量

日本人は1日にお茶碗2杯程度のご飯を食べることが分かっています。

お茶碗1杯辺りはおおよそ75グラム。

2杯で150グラムですね。(150グラム=1合)

つまり、平均として毎日1合は食べるということになります。

毎日、昼食におにぎり3個を作ったとして

225グラム×25日=5625グラム

ひと月5kgのお米を買うと少し足りないぐらいですので、1日2個にしたり

調整してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・コンビニおにぎりは高くつく。

・自炊おにぎりは、健康的で節約につながる。

最後に

金額だけでいえば、自炊の方が安上がりという結果になりましたが

自炊に時間をかけてもおいしいさ(健康面においても)を求めるか、

コンビニで買うことで朝の時間を節約するかは、生活のなかでどちらがより重要度が

高いかによると思います。

ただ、コンビニおにぎりの包装の裏を見てみると添加物の名前もかかれています。

これを見ると、やはり自炊で作るおにぎりが一番かと思います。

健康のためにも、ぜひおにぎりをお弁当で持参することをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です