大坂なおみの全米オープン2018の優勝賞金は?生涯獲得賞金とランキング速報

2018年8月27日~9月9日にニューヨーク(アメリカ)で開催された

グランドスラム「全米オープンテニス(USオープン)」で

女子シングルス決勝で世界ランク19位の大坂なおみ日清食品)が

元世界1位の女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)に6-2、6-4で

ストレート勝ちし日本人史上初となるグランドスラムを制覇した。

シングルスの優勝賞金は、四大大会の中で最も多く

ツアー大会では、まだ男女の格差は残るものの四大大会の賞金額に差はなく、

テニスはプロの女子選手が男子並みに稼げる競技となっている。

この記事では、今大会の優勝賞金はいくらで何回戦まで賞金がもらえるのか、

そして、大坂の通算獲得賞金についても調査していきます。

スポンサーリンク

大坂なおみ優勝インタビュー

シングルス優勝賞金

シングルス優勝賞金は、昨年を10万ドル上回る

男女同額の380万ドル(日本円で4億2180万円)。

えっ、4億円ですか一回の優勝で???

メジャーってすごい世界なんですね。

20歳にして、もう一生食べていけるんじゃない!?

と思ってしまいますよね。

でも、一握りの選手ですからね。

賞金と獲得ポイント

ラウンド 獲得ポイント 賞金
優勝 2,000 $3,800,000 (約4億2,010万円)
準優勝 1,200 $1,850,000 (約2億450万円)
準決勝 720 $925,000 (約1億230万円)
準々決勝 360 $475,000 (約5,250万円)
4回戦 180 $266,000 (約2,940万円)
3回戦 90 $156,000 (約1,720万円)
2回戦 45 $93,000 (約1,030万円)
1回戦 10 $93,000 (約1,030万円)

年間のランキングを決めるWTAポイントが関係してきますので、

一回戦からポイントが加算されるルールになっています。

ボーナスポイント

全米オープン1カ月前に行われる大会で得たポイントに応じて

賞金がもらえるほか、男女それぞれポイントの上位3選手は、

全米オープンの成績に応じてボーナスまで手に入るしくみなっています。

ポイント1位の選手が優勝すれば、その額は100万ドルにもなるということです。

今大会で、大坂がこのボーナスポイントでいくら手にしたかは

現在調査中です。

情報が入り次第追記していきます。

WTAランキングは7位に浮上

今年のグランドスラム「全米オープンテニス2018(USオープン)」は

決勝に進んだ大坂なおみが、女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)を破り

(日本テニス男女通じて初の快挙)大会を終えました。

WTAランキングーシングルス

※大会終了前のランキングになります。

これから、すべての正式なランキングが更新されることになりますが

大坂は、今回の結果を加えて世界ランキングも7位とし

自身初のトップ10入りを決めました。

シングル(1位~9位)は、本当にスゴイことです。

今後は伊達さんと並ぶ片手シングル(5位以内)に入れるよう

がんばって欲しいですね。

ほんとうにおめでとうございます。

大坂なおみの通算獲得賞金

大坂のこれまでのキャリアでの通算獲得賞金は

320万ドル(3億5520万円)としています。

本大会での、優勝賞金はそれを上回るものとなりましたね。

今回の賞金を加えると、

3億5520万円+4億2000万円=7億7520万円

すべて自分に入るわけではないにしても

額が信じられないですねホントに。

これで、一流の仲間入りをしたのでは

ないでしょうか。

まとめ

  • シングルス優勝賞金は約42000万円
  • WTAランキングは、7位にランクアップ

(協会は現在未更新)

  • 通算獲得賞金は3億5520万円+4億2000万円

=7億7520万円とした。

大坂は、まだ20歳ですので今後が楽しみですね。

確実に世代交代は、進んでいます。

今後も日本のファンを楽しませて欲しいですね。

最後までおつき合いありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です