鍋パワハラy社長は誰で経歴は?実名・顔画像と事務所の住所も特定か?

鍋パワハラの事件が発覚し、ワイドショーなどでも世間を賑わしていますが、元芸能

プロダクション従業員でAさんが、同芸能プロダクション社長を相手取り損害賠償を

求めて東京地裁に提訴することになりました。

この記事では、一連の鍋パワハラ事件に関してこれまでにわかっている内容の一部

  • 芸事務所社長の実名と経歴
  • 事務所社長の顔画像
  • 事務所住所
  • 元従業員Aがなぜいまになって訴えた?

などについて調査していきます。

スポンサーリンク

芸能プロ社長の鍋パワハラ事件

この事件は、2015年12月20日までさかのぼりますが、「週刊新潮」が入手した動画に映っていたの

は頭を押さえられた従業員が、しゃぶしゃぶ鍋に顔をつけられるという、衝撃の様子が収められて

います。

しかも、コンロの火はついたままで、女性の悲鳴が響き、従業員は苦悶の表情を浮かべ

顔面大やけどで仰け反っていたいう。

“加害者”は当時25歳の芸能プ社長で、“被害者”は当時23歳の従業員。

「クライアントさんもいるんだから面白いことやれ。鍋に頭、突っ込めよ”と囃されて……」と、

半ば強引にやらされて抵抗できなかったと元従業員は当時の様子を吐露しました。

後遺症の残る可能性がある二度の熱傷を負ったことで、社長からの日常的なパワハラで精神的に

追い詰められていたと明かしています。

一方の社長は取材に対し、“悪ふざけだった”旨を文書で回答していますが、従業員は刑事告訴

しました。

Y社長の実名や経歴

サンスポが、芸能事務所の名前がMELMであることを公表しました。

また、ワイドショーでその社長が増渕良亮という人物である事が更に判明しました↓

会社の忘年会で煮えた鍋の中に頭を押さえ付けられて顔をやけどしたとして、芸能事務所で働いて

いた男性が、社長に損害賠償を求めて東京地裁に提訴することが分かった。

男性と弁護士が11月22日、東京都内で記者会見して明らかにした。

慰謝料などの請求額は今後詰める。男性は傷害容疑で社長を警視庁渋谷署に刑事告訴もすると述べた。

関係者によると、芸能事務所は「MELM」(東京都渋谷区)。

詳しい経歴については、現在調査中ですが、元従業員AとY社長はそもそも大学のサークルでの

出会いがきっかけになっていて、そこでY社長がAさんにいっしょにやろうと誘ったということです。

25歳で事務所の社長に就いているわけですがから、大学卒業後の社会経験は3年程度。

事務所を立ち上げるための、準備期間だった可能性はありますね。

Y社長の顔画像

それが、こちらとされています。

果たしてテレビのワイドショーでは、顔が映し出されたのでしょうか。

テレビのワイドショーでは、このように顔にモザイクをかけていますので、ツイッターで話題に

なっているY社長と顔が一致するものかどうかは、これからわかってくるものと思われます。

芸能プロダクションMELMの事務所の住所は?

株式会社MELM
 所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-10-2 志水ビル3F
連絡先 TEL:03-6433-5200
代表取締役社長 増渕良亮 / ryosuke masubuchi
取引先銀行 三菱東京UFJ銀行
所属モデル・タレント 9人
MELMのHP

私たちがワイドショーなどを拝見していて不可解に思うことがあります。

なぜ、今ごろ……???

と?マークがつくわけなんですよね。

これについては、ふたつの見方ができますのでここで検証してみました。

元従業員はなぜ、3年経ったいま訴えを起こした?

元従業員Aさんの見解

事務所に所属しているタレントの半数以上は自分がスカウトしている。

鍋の一件が公になったら会社が潰れ、そうなるとタレントたちの行き場が無くなってしまうという

のが、これまで我慢していた理由だとしている。

自分がスカウトした半数以上のタレントが事務所を辞めたことで、今回声を上げようと思った

ということです。

なんか取って付けた理由に見えて仕方がないんですが、ほかの理由がなんかあるのではと思ってしまいす。

民事訴訟・刑事訴訟の両面から考えてみた!

民事訴訟

民事訴訟による損害賠償は、今回のケースでは3年で時効ということで時効まで1か月。

刑事訴訟

刑事の傷害罪ですと、「15年以下の懲役または50万円以下の罰金

それの公訴時効は10年ということで余裕があります。

民事で損害賠償請求は今しかなかった!!

民事で損害賠償請求の場合、損害および加害者を知った時から3年以内、3年で消滅時効になって

しまいますので今回は、このタイミングしかなかったということですよね。

泣き寝入りは避けたというカタチになりましので、立件されれば社会的なメッセージになるのでは

と思いますね。

やはり時効まで1ヵ月というところで、そのような判断をしたということは以前から時間をかけて

弁護士に相談されていたことは、推して知るべしですよね。

ですから、このタイミングは計画通りなのではないでしょうか。

加害者は、刑事と民事の両方で罪に問われることになりそうです。

まとめ

この記事では

  • Y社長の実名や経歴
  • (芸プロ)MELMの事務所の住所
  • Y社長の顔画像
  • 元従業員はなぜ、3年経ったいま訴えを起こした?

を調査してきました。

鍋パワハラ事件で、元芸プロ従業員の告発で言い逃れができなくなった元社長。

世間的にも、ショッキングな事件ですし絶対にマネをしてはいけない行為ですので

こらから、忘年会シーズンが始まりますが、くれぐれもこのような行為はまねしないでください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です