熊本阿蘇山噴火2019速報!中岳火口の火砕流や噴石は?噴火警戒レベル2以上も

2019年4月16日18:28頃に熊本県の阿蘇山で噴火が発生したとして、噴火速報の発表がありました。

ライブ映像などの情報はいまのところありません。

ニュース映像を見る限りでは、爆発というところまではいっていなようですね。

今後のニュースをチェックして行きましょう。

平成28年10月8日から2年6ヶ月後の噴火発生です。

噴火警戒レベル2ということで、引き続き中岳第一火口の河口付近の大きな噴石や火砕流に警戒が必要だとしています。

詳しい状況が分かり次第追記していきます。

 

阿蘇山が爆発的噴火した場合、福岡までの影響があるのか心配があるようですね。

九州地方の被害など影響力を心配している声が多いですね。

口コミ

阿蘇山は日本では一番怖い火山だと思います。富士山なんか目じゃありません!どちらに火災流が流れるでしょう。今度は鹿児島に行くかもしれませんよね。

口コミ
火砕流も溶岩ドームが崩壊して生じるケースや噴火しながら降り注ぐパターン等がありますので、地をはって流れ込んでくるイメージだと来ないのではと思いがちです…
しかし、噴火と共に降り注ぐパターンだと容易だと思います…
口コミ

福岡市内に火砕流が来るような大噴火なら九州全体どころか関西~関東付近まで影響のある大災害となり日本全体が巻き込まれるだろう。

口コミ

本当です。
阿蘇噴火の中でも最大規模であったASO4と呼ばれる噴火では、福岡市はもちろんですが山口や四国の一部まで火砕流の痕跡が残っています。
仮に同じ規模の噴火が起きた場合、約1時間半ほどで火砕流が福岡市内に到達する計算が出ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です