花粉撃退で鼻スッキリ!5つの花粉症対策とは!?

この時期、少し花粉症の症状がでている管理人のくまちゃんです。

なんか鼻がムズムズしだした、くしゃみが多く出るようになった、なんか目の奥がかゆい、

こんな症状が現われたら花粉到来を疑ってよいでしょう。

毎年、春先にかけて2月下旬から4月中旬の時期に多くのひとを悩ますものと言えば花粉です。

2018年は「東北の飛散量は前シーズンの約2倍、関東甲信、四国では約1.5倍」

といった予測も出ています。

では、花粉が到来してからどうするか。

そこで、自分でできる花粉症の予防や対策をご紹介します。

スポンサーリンク

そもそも花粉症ってなに!?

花粉症というのは、花粉に対して体の「免疫機能」が過剰に反応するために現れる症状。

花粉そのものには害はなく、わたしたちの体内に侵入して害となるウイルスや細菌などから

身を守るために備わっているのが免疫機能でありその働きなのです。

その免疫機能が暴走し、花粉を異物だと判断してしまい、くしゃみや鼻水、

目のかゆみなどの症状が引き起こるのが花粉症です。

自分でできる5つの花粉症対策

1.早朝に換気をし、換気扇は常に回しておく

花粉は気温の上昇とともに飛散量が増すという特徴を持っているため、

気温が低い早朝の時間帯から換気をし常に換気扇は回しておきましょう。

2.部屋の掃除をこまめに行う

花粉は、知らない間に飛び始め部屋に進入し知らない間に拡散され

衣類や壁に付着しています。

ですので、普段より掃除機をかける回数を増やすことと

じゅうたんやたたみなどは花粉が付着しやすいため、念入りにきれいにしておきましょう。

この時期は、窓をあけず掃除機をかけることがポイントです。

3.洗濯物を干す時も花粉を室内に持ち込まないようにする

花粉シーズンの洗濯物については、基本的には部屋干しにします。

この時期は、外気温も上がってお部屋の中の温度も高めになるので部屋干しで

時間をかければ十分に乾きます。

ただ、生乾きの臭いがどうしてもムリという方は外干しで構いません。

外から取り込む際には衣類から花粉を払い落すようにして取り込むこと。

叩くようにすると、花粉が衣類のなかに入り込んでしまい逆効果になりますので要注意です。

4.外出時にできる花粉症予防と対策

花粉の飛散量が多い日の外出は避けることとが一番の対策です。

それ以外の時は極力、室内に居たほうが安全です。

どうしても出かける時は、ゴーグルをかけマスクを二重にしましょう。

5.手洗いうがいは、かならず徹底しましょう。

外から帰ってくると、衣類や手、顔、髪の毛にも花粉はついています。

手洗いをすることで皮膚や爪の間に付着した花粉を洗い落とすことができます。

また、マスクをしていても呼吸をすることで口や鼻からの花粉が侵入し、

喉の奥がかゆくなったりするのも花粉が原因と考えてよいでしょう。

手洗いうがいをしないと、そのまま花粉を部屋に持ち込むことになりますので

環境が改善されない可能性があります。

花粉症対策で実践したい、目洗いや鼻うがいでセルフケア

手洗いは水道水でもよいですが、目や鼻の中を洗浄したい場合は

ドラッグストアに行けば、店員がおすすめのものを案内してくれます。

たとえばアイ〇〇とかハナ〇〇です。

目洗いや鼻うがいを水道水で行った場合、症状が改善されない場合がありますので

できれば浄水されたものを使うことをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

  • 換気扇は、回しっぱなしにしておく。
  • 掃除機をかけるときは、窓をあけないで掃除する。
  • この時期、窓をあけないで洗濯物は部屋干しにする。
  • 外出時は、ゴーグルやマスクはを忘れずにでかけましょう。
  • 外出から帰ったときは、かならずうがい手洗いをしましょう。

ドラッグストアなどで市販の薬を購入する場合にしても、薬剤師さんに

しっかりと相談して購入することをおすすめします。

これらの対策を実践しても長期的にツラい花粉症の症状が続く場合は、

専門の医師がいる病院で適切な診察、治療を受けるようにしましょう。

おわりに

くまちゃんは、ふだんコンタクトレンズを使っており、コンタクトレンズの異物感が

花粉の症状をさらに強めているらしいので、メガネに切り替えたらかなり

楽になりました。

過去に一度、鼻づまりがひどいときお医者にお世話になったことがあり、

点鼻薬も処方してもらいましたが効果は市販のものと変わらず、

いまは市販の点鼻薬を使っておりとても快適に過ごしております。

パブ〇ンのものをおすすめしていただきましたが、これは効きが良いです。

あまり効き目が感じないのは、ア〇ガードのものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です