GW10連休2019中央道高速道路の渋滞予測!下り上りのピークはいつ?

2019年のGWは、最大10連休ということで日本国内でもあちらこちらの観光地の混雑が予想されます。

特にクルマでお出かけするときには、高速道路の渋滞が気になるところですね。

先日、高速道路会社のNEXCOが渋滞傾向としては「分散型」になるとされ発表されました。

この記事では、東北自動車道の渋滞予想の上り下りのピークについて調査していきます。

中央道上り下りのピークはいつ?

まずは、中央道の下りのピークを日別で見ていきましょう!

渋滞が分散されるということで、下り渋滞のピークが2回発生される予想ですね。

下り

区分 道路名 渋滞発生箇所   ピーク日時 ピーク時渋滞長
下り 中央自動車道
東京から名古屋方面
相模湖インターチェンジ(IC)付近
(神奈川県相模原市)
4月27日(土)6時 40km
4月28日(日)6時 40km
 中央自動車道
東京から名古屋方面
土岐ジャンクション付近
(岐阜県土岐市)
5月4日(土)17時 30km
5月5日(日)17時 30km

下り方面は4月27日、28日に相模湖インターチェンジ付近を先頭に最大40kmの渋滞が発生すると予想されています。

5月4日、5日は両日ともに土岐ジャンクション付近を先頭に中津川インターチェンジまで30kmほどの渋滞発生が予想されています。

では、時間帯別で渋滞状況を見ていきましょう!

高井戸IC〜相模湖IC (相模湖IC付近)

時間帯別渋滞状況
区間 高井戸IC〜相模湖IC (相模湖IC付近)
渋滞状況 6時台 7時台 8時台 9時台 10時台 11時台 12時台 13時台 14時台 15時台
渋滞長 40km 40km 40km 40km 40km 33km 27km 20km 13km 7km

[通常所要時間] 00:30
[予測所要時間] 02:00

渋滞がない場合に比べて約4倍の所要時間(2時間)が見込まれています。

また、高井戸IC~相模湖IC間を走行する場合、渋滞のピークは6~11時と予想されます。

甲府南IC〜韮崎IC

時間帯別渋滞状況
区間 甲府南IC〜韮崎IC(双葉JCT付近)
渋滞状況 9時台 10時台 11時台
渋滞長 10km 10km 10km

[通常所要時間] 00:08
[予測所要時間] 0:020

渋滞がない場合に比べて約2.5倍の所要時間(20分)が見込まれています。

また、甲府南IC〜韮崎IC間を走行する場合、渋滞のピークは9~11時と予想されます。

上り

区分 道路名 渋滞発生箇所   ピーク日時 ピーク時渋滞長
上り 中央自動車道
名古屋から東京方面
小仏トンネル付近
(神奈川県相模原市)
5月4日(土)16時 30km
5月5日(日)16時 30km
東名高速道路
名古屋から東京方面
大和トンネル付近
(神奈川県大和市)
5月5日(日)16時 30km
5月5日(日)16時 30km

稲城IC〜高井戸IC

時間帯別渋滞状況
区間 稲城IC〜高井戸IC (三鷹TB付近)
渋滞状況 17時台 18時台
渋滞長 5km 5km

[通常所要時間] 00:05
[予測所要時間] 00:12

渋滞がない場合に比べて約2倍の所要時間(12分)が見込まれています。

また、高井戸IC~相模湖IC間を走行する場合、渋滞のピークは17時~18時と予想されます。

国立府中IC〜高井戸IC

時間帯別渋滞状況
区間 国立府中IC〜高井戸IC(高井戸出口付近)
渋滞状況 7時台 8時台
渋滞長 10km 10km

[通常所要時間] 00:10
[予測所要時間] 00:24

渋滞がない場合に比べて約2倍の所要時間(24分)が見込まれています。

また、国立府中IC〜高井戸IC間を走行する場合、渋滞のピークは7時~8時と予想されます。

伊北IC〜岡谷JCT

時間帯別渋滞状況
区間 伊北IC〜岡谷JCT(岡谷JCT付近)
渋滞状況 10時台 11時台 12時台
渋滞長 5km 5km 5km

[通常所要時間] 00:04
[予測所要時間] 0:015

渋滞がない場合に比べて約4倍の所要時間(15分)が見込まれています。

また、伊北IC〜岡谷JCT間を走行する場合、渋滞のピークは10~12時と予想されます。

小牧東IC〜恵那IC

時間帯別渋滞状況
区間 小牧東IC〜恵那IC(屏風山PA付近)
渋滞状況 8時台 9時台 10時台 11時台 12時台 13時台 14時台
渋滞長 8km 17km 25km 25km 25km 17km 8km

[通常所要時間] 00:19
[予測所要時間] 01:00

渋滞がない場合に比べて約3倍の所要時間(1時間)が見込まれています。

また、小牧東IC〜恵那IC間を走行する場合、渋滞のピークは10~13時と予想されます。

まとめ

今回は、GW10連休2019の

中央道高速道路の下りと上りの渋滞予測について調査しました。

事前に、渋滞情報をチェックして動くことで、時短も可能です。

快適なGWをお過ごしください。

≪渋滞ピーク時間帯の回避効果≫

過去の所要時間の実績で、通過時刻により所要時間が短縮される事例をご紹介します。

移動される時間帯をずらしていただくことで渋滞を避けることができ、所要時間の短縮が可能であるという結果も報告されております。

例えば、2018年5月5日(日)に、東名高速道路(上り線)の静岡ICから東京ICまで利用された場合、静岡ICの通過時刻を17時から8時に変更することにより、『約2時間』の所要時間の短縮が可能でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です