カーター・スチュワート(投手)の身長やwikiプロフィールは?契約金や背番号も調査!

全米ドラフトでブレーブスから1巡目で指名を受けたカーター・スチュワート(投手)が、福岡ソフトバンクホークスと契約を交わしたことで、MLBに批判が集まっています。

日本の球団が、全米ドラフトで指名を受けた選手と契約を交わすというのはいったいどういうこと?と思ってしまいました。

なんと、MLBで指名を受けた選手を、日本の球団が契約してしまうという驚きの情報でしたね。

この記事ではカーター・スチュワート(投手)の学歴や経歴、プロフィール画像について調査していきます。

カーター・スチュワートの身長やwikiプロフィール画像は?

では、カーター・スチュワートという青年はどんなプロフィールの持ち主なのか見ていきましょう。

  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 出身地:フロリダ州メルボルン
  • 身長/体重:198 cm/91 kg
  • 生年月日:1999年11月2日(19歳)
  • 高校:オー・ガリー高校卒業(フロリダ州)
  • ポジション:投手/打席 ・右投右打
  • 球種:ストレート、カーブ(縦割り)、チェンジアップ
  • 背番号:2

日本球界では、198cmという高身長の選手はなかなか現れないので、年齢からみてもかなりお買い得なのではないでしょうか。

とすると、今回先手を取ったソフトバンクの手法は今後NLBでも浸透していく可能性がありますね。

この身長から、繰り出されるストレートは158km/h(最速98マイル)とも言われていますので、日本ではかなり脅威になるでしょう!

ジュニアとしての経歴は、2017年に11勝2敗・防御率0.81・104奪三振を成績を残していて、同年夏にはメジャーへの登竜門であるアメリカの選ばれた高校生たちが出場できる大会、「パーフェクトゲームオールアメリカンクラシック」にも参加しています。

その後、2018年には東フロリダ州立短大へと進学し、6勝2敗・防御率0.91・128奪三振を記録し、フロリダ州のGatorade Baseball Player of the Yearに選ばれているんですね。

やはり、逸材の片鱗を感じますよね。

カータースチュワートの契約金は?

米メディアによると、6年総額700万ドル(約7億7千万円)で合意したと報道されています。

6年総額で7億7000万なので、年単位でみたら約1億2800万という計算になりますね。

これって高いでしょうか、安いでしょうか。

当サイトは、ソフトバンクは良い買い物をしたのでは見ています。

契約までの経緯

  • 同投手は昨年、ブレーブスからドラフト1巡目で指名される。
  • 契約金約450万$(約4億9000万円)と予想されていたが、身体検査で手首に問題があるとされて、200万$程(2億2000万)に減額提示されたが合意に至らず。
  • ドラフト会議後に大物代理人として知られているスコット・ボラス氏と契約し、ドラフト入団ではなくFAとなる道を模索。
  • 現在は、フロリダ州の短大に在籍。

※米大リーグでは交渉期限が短く、(6月〜7月上旬)期間を過ぎると各球団は交渉権を失ってしまう。

と以上の経緯があります。

そのような、すったもんだがあって今回のソフトバンクホークスとの契約に合意されたということですね。

ちなみに、日本ハム当時の大谷選手の契約金は231万5000ドル(約2億6000万円)だったのを憶えていますでしょうか。

そして、2019の大谷の年俸は、メジャー最低保障額の54万5000ドル(約6050万円)だった昨季から10万5000ドル(約1166万円)上がったにしても65万ドル(約7200万円)なんです。

大リーグでは労使協定により、ドラフト対象外となる外国の25歳未満の選手との契約金が制限されていてこのような額になっているのですが、にしても今回のカーター•スチュアート(19)の契約金は、破格だと思います。

ソフトバンク金持ってるなーというのが強い印象です!

孫さんの鶴の一声みたいな感じでしょうか。

カーター・スチュワートの背番号は?

背番号は”2”です。

まとめ

この記事では、カータースチュワートの

  • wikiプロフィール(身長)や画像
  • 契約金や背番号

についてまとめきました。

相撲の朝乃山の優勝にしても、北海道で全国で記録的な気温39.5℃といい今回のカータースチュワートの大型契約にしても、令和が始まって令和初という出来事が見受けられることが多いように感じますね。

この令和という時代は、前例のない出来事が多く起こる予感がしますね。

30日(日本時間31日)に米カリフォルニア州で記者会見し、6月3日には福岡市内で入団会見を行うということなので、またひとつ日本球界に楽しみが増えました。

当サイトでも、追加情報を追って行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です